TK-BLOG TK-Hatena [A] mixi
PDAサイト登録のお願い PDA系BLOGリンク集『Activation』

2003年10月06日(月曜日)

Palm(T|C) Wi-Fi→PPP

[ PDA ]

kaizou3.jpgTungsten Cの魅力は、何と言っても爆速CPUや広いメモリに加え、Wi-Fi機能を内蔵している点でしょう。自宅や会社などの無線APがある場所では有意義にネット接続出来てパソコンを立ち上げるまでも無いメールチェックなどでは非常に便利です。街中でもホットスポットやフリースポット、あるいはセキュリティのかかっていない^^漏れ電波をちょっくら拝借して、ネットにアクセスすることが可能ですが、所詮電波が届く範囲のことで「どんな場所でも」とまではいきません。

T|Cには、SDIOカードスロットが付いているので、セイコーインスツルメント社のSD通信カードAH-S101Sのようなカードが使えれば、何ら問題無いのですがPalm Tungstenシリーズ自体が日本語版としてリリースしている訳ではないので、セイコーさんも本腰入れそうもなく、対応ドライバを作ってくれてません(T^T)ので、直接差して使うことが出来ません。ハギワラシスコムのCommunication Card Adapterを使えばPPP接続も可能なのですが、これはチト、ぼてっとしてしまい手元スマートではありません。 

しかしながら、無ければ有りモノで代用とばかりに、作り上げた方がいらっしゃるのでご紹介。。
「きまぐれ探検隊」さんの「Palm Tungsten C」のページ内の
「Tungsten Cの弱点-通信カードによる通信」以下の記事です。

コレガAPRS-11という製品に、T|CからWi-Fi接続し、そこから@FreeDやH"などのCF通信カードを利用してPPP接続を行うというものです。バッテリー稼働化や軽量化などを行い、ポータブルCDサイズまでに抑えられています。こういう方策に出るとは。。^^これで無線LANの電波が届かない場所でも、@FreeDやH"エリア内であれば、T|C(Wi-Fiカード搭載可能であればCLIEなどからも)で手元スマートに通信可能になるワケですね。

いやはや、革新的です〜^^。

昨今、T|T3などが話題になっているだけに、Palm Japanがも少し気合い入れてくれれば、SD通信カードのTungstenシリーズ用のドライバも実現可能とは思うんですがね。。。

Posted by tk109 at 2003年10月06日 15:58 | トラックバック
トラックバック: http://tk109.matrix.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/124
※弊サイトへのリンクを含まないページからのトラックバックは受け付けない場合があります。