TK-BLOG TK-Hatena [A] mixi
PDAサイト登録のお願い PDA系BLOGリンク集『Activation』

2004年05月12日(水曜日)

Pocket Plus 2.0を試してみた…

[ PDA ]
 ・Spb Software House Releases Pocket Plus 2.0
May 11th, 2004 - Spb Software House announces Pocket Plus 2.0, the most significant release yet of this award-winning application. One of the most popular applications on the market today, Pocket Plus was the #1 selling application at PocketGear for the last two years.


 ・Spb Pocket Plus 2.0 $14.5(USD)

 以前からアプリの存在は知っていたのですが、既存のフリーウェアで対応可能な機能が多かったので試しては無かったのですが、新しいバージョンがリリースされたとのことでしたので、チト試しに使ってみました^^。

 Today画面についてですが、よく見ないと分からないかもしれませんが画面上部3ピクセル縦幅くらいを使用して、バッテリー残量を表示しています。 これはToday画面のみならず、全ての画面で表示されていますので、バッテリー残量が危うい時などには表現性も良く利便性が良いです。(ちなみにポケゲーさんトコで紹介されてましたが、Palmでも同じようなモノがあります^^)

 続いて、Todayプラグインアプリとしての機能面ですが、各デバイス情報(バッテリー・ストレージ・メモリ)の表示とランチャーとしてのアプリ登録機能などがあります。ここらへんはありがちな機能ですが、特筆すべき点としては、全てのアイコンをドラッグ&ドロップで任意の位置(別タブ)に移動登録することが出来ます。(グリッドに吸い付くカンジの配置指定とかも可能です) それから、スクリーンライトの設定ですが、通常ありがちなのは単にシステムの設定画面にリンクしているだけですが、こちらのアプリではこの画面上のスライダーから直接、照度の調整を行うことが出来ました^^。

 OS標準のファイラーである「ファイルエクスプローラー」へ追加される機能としては、Zip圧縮・解凍機能が付加されます。 任意のファイルを選択しタップホールドにより圧縮。 同操作をZipファイルに対して行うことにより、Zipファイルを解凍することが出来ます。 あと、画面上部の階層移動にリスト横に、「上の階層へ移動」するアイコンが表示されるようになります。 これらの機能を標準のファイラーに追加することにより便利になるのは確かなのですが、そもそも標準のファイラーを使っているユーザーはそう居ないと思うので、ビミョー^^な感じですよね〜。

 次に「Pocket IE」に追加される機能についてです。 個人的には非常に便利になるなぁ〜と思いました^^。 タブ切り替えでは無くてメニュー切り替えになってしまいますが、WEBマルチ画面を実現しています。 「Pocket IE」の標準メニューの隣にアイコンが追加されています。 そのメニュー内にある「New Window」というのを選択することによって、新規のWEB画面が使用できます。 同メニュー内には、現在開いている全ページのタイトルとカレントのページが「ポッチ」付きで表示されていますので、見たいページを選択することで、切り替える仕組みになっています。 日本語化した英語版PPCでは、残念ながら折り返しの問題があるので、標準ブラウザへの機能追加は残念な感がありますが、日本語版PPCユーザーで「NetFront3.1」は重くてイヤんな方には、嬉しい機能追加ではないでしょうか?  あっ、あと書き忘れていましたが、「Pocket IE」で全画面表示も行うことが出来るようになります〜。

 あと、細かな機能としては起動アプリ画面右上の「クローズ」ボタン押下時に、「最小化」では無く完全に「閉じる」ようにしたり、Todayテーマファイルの管理表示機能などがあるようです。 一通り機能を試してみましたが、画面上部のバッテリー残量表示とPocket IEのマルチ画面化などは非常に便利になるとカンジました〜^^。(マルチ画面はe800では結局使えないですケドね…T^T)

Posted by tk109 at 2004年05月12日 13:59 | トラックバック
トラックバック: http://tk109.matrix.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/493
※弊サイトへのリンクを含まないページからのトラックバックは受け付けない場合があります。