TK-BLOG TK-Hatena [A] mixi
PDAサイト登録のお願い PDA系BLOGリンク集『Activation』

2005年08月06日(土曜日)

60回目のヒロシマの願い

hiroshima60th_YZ.jpg

 今日、広島は60回目の原爆記念日を迎えました。 現在は離れて暮らしていますが、広島は私が生まれ育った地でもあり、8月6日という日は、やはり何年経っても感慨深いモノがあります。 私の親族にも被爆体験者がおり、原爆の悲惨さは小さいころから学校や親などから言い聞かされて育って来ました。 そのような環境で育った私にとっては、大国が核をこぞって保有し、六カ国協議では「核の平和利用」についての話し合いを行っている状況に、ヒロシマ・ナガサキから、何も学んで無いとしか言いようがありません…。 もちろん私は世代的にも、被爆経験者でもありませんし、聞かされた悲惨さや原爆資料館で見た直視出来ないような状況も、あくまで間接的なもので、私が認識している悲惨さは実際に経験された方々の100分の1にも満たないと思います。

 昨晩も原爆の特集番組があり、チビさんと見ていましたが子供にとっては、そもそも戦争自体が全く分からない世界のようでした。 原爆により、人が一瞬で蒸発したり、黒コゲになっているシーンでは「気持ち悪い、怖い!」と言ってしまう状況です。 昔、そういう悲しい出来事があったということは説明しましたが、まだ幼い年齢ゆえ戦争も含めて理解は難しいようでした。

 おそらく、このエントリーを読んでいただいてる方の中にも、内容的に妙な温度差は感じていらっしゃるかもしれませんが、被爆地に生まれ育った者にとっては、やはり今日という日は色々と考えてしまう日であり、改めて平和についての自分の認識を確認したくなる日であるので、今年もこういった内容のエントリーをさせていただきました。

関連リンク
2005年 平和宣言
・TK-BLOG : 明日、「ヒロシマ」59回目の夏 2004年08月05日(木曜日)
・TK-BLOG : 58回目の「原爆の日」 2003年08月06日(水曜日)

Posted by tk109 at 2005年08月06日 02:51 | トラックバック
トラックバック: http://tk109.matrix.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1551
※弊サイトへのリンクを含まないページからのトラックバックは受け付けない場合があります。
Title: 被爆60年ヒロシマ原爆の日
Excerpt: 1945年8月6日午前8時15分米軍のB-29爆撃機「エノラ・ゲイ」により、原子爆弾「リトル ボーイ」が投下されました。 60年前の今日の事です。世界中の人が決して忘れてはならない日です。もう二度と悲劇を繰り返してはならない。そう思い返すためのとても大切な日です。
From: 黍若日記
Date: 2005.08.07
コメント

私は長崎出身なのですが、親戚にも沢山の被爆者がいて
TKさん同様、他人との温度差を感じずにはいられません。

悲しいことに、県内でも、原爆の事実をきちんと知っている人が
減ってきているようです。
(そもそも県単位で考えることでは無いのですが…)

Posted by: ふくだ at 2005年08月06日 06:15

>ふくださん
 この温度差というものはしかたないでしょうね〜。
そういう人たちにケシカランという気も全くないですし、意識しない人のほうが
絶対的に多いと思いますしね。 現在の広島、長崎の学校教育方針はどう
なのか分かりませんが、悲惨な状況を語り継ぐるというのも、人によっては
敬遠する人も多いでしょうし。 詳しくは知らなくても、8/6, 8/9が何の日かぐらいは認識していて欲しいですケド…

Posted by: tk109 at 2005年08月06日 12:20

今日のメディアのプログラムをみてください、すこしはアメリカに対してメッセージのあるものを一斉にながして、日本という国で原爆被害があったことしっかりと示してもいいじゃないでしょうか。

もし、24時間TV/ラジオ/WEBにおいて、原爆のことをアピールすれば、世界中がちゃんと注目をするでしょう。そこから、なにかしら利益とかいう物ではないものが生まれる可能性があると思います。

ばらばらで何かを訴えようとしても、世界は広く伝わりにくい。

一斉に ノー と しかも、大規模で、利益を度外視したところで

大晦日のカウントダウンなんかやるのであれば、日本だけ違うことをできるようにならないと。

自分は長崎・広島 の人間ではありませんが、あんな物を投下するということは容認できません。時間が経とうが関係ない。

Posted by: speedbeat at 2005年08月06日 17:43

>speedbeatさん
 仰る通りだと思います。 悲惨なことがあったことは事実ですが、
その程度具合が世界どころか、国内にも充分には伝わっていないと
感じます。 大きな動きを起こすには少なくとも国民の認識が必要と
思われますが、実際には「平和教育」自体が廃れている状況のよう
です。 原爆資料館訪問を学校行事として実施して、子供達に悲惨さ
を認識させること自体を問題視している学校が多いとのこと… 残念
な限りです。。

Posted by: tk109 at 2005年08月08日 09:48
コメントする
(※)








名前、アドレスをCookiesに登録しますか?




(※) 名前とメールアドレスは必ず入力してください。URL記入時には、リンク表示されます。
   コメント内容はスパム防止の為、管理者が内容を確認した後にページに反映されます。