TK-BLOG TK-Hatena [A] mixi
PDAサイト登録のお願い PDA系BLOGリンク集『Activation』

2005年08月28日(日曜日)

さらにRAM空きエリアを絞り出す

[ PDA ]

 愛用中の「iPAQ h4350」も「BenQ P50」も、RAMのエリアは64MBです。 日本語化により、それらのファイルで空き容量も圧迫されてしまいます。 追加するアプリはなるべくはRAM上では無く、SDカード上に置くなどすれば、起動時間はもっさりと遅くなってしまいますが、空きRAM容量は確保されます。 しかし、頻繁に使うアプリはサクサク起動して貰いたいので、なるべくRAM上に置きたいですよね^^? 私の場合は、「Pocket Informant (P.I.)」と「NetFront」がそれにあたるアプリなので、メモリ食いとは分かっていても、RAM上にインストールしています^^;

 PocketPCもそうですが、Windows系のOSでは"System Path"の設定を行うことで、パスの通ったフォルダを定義することが出来ます。 EXEファイルは他所からショートカットなどで、フルパス指定されていることも多いので問題はありますが、Windowsフォルダ内や、アプリ起動フォルダ内にあるDLLは、他のパスの通ったフォルダにあれば問題なくロード出来ます。 つまり、RAM上にインストールしたP.I.やNetFrontの「一部のファイル」をSDカード上に移動して、起動の早さは確保しつつもRAM容量を空けようということです^^。

MakeFreeArea01.jpgMakeFreeArea02.jpg

 TREのようなレジストリエディタで、"HKLM\Loader\SystemPath"に新しく定義するフルパスを行追加して、ソフトリセットすればOKです^^。(事前にフォルダは作成しておきます)

MakeFreeArea03.jpg あとは、SDカード上に新しく作成したシステムパス用のフォルダに、DLLファイルを選択移動します。 もちろん移動したらマズいファイルもありますので、検証しつつ移動する必要があります^^;

 今回はP.I.とNetFrontで移動出来そうなモノをとりあえず移動してみました(他にも移動出来そうなモノもありますが)。 これだけでも、RAMに1.8MB程度の空きを確保することが出来ました。 各アプリの起動速度もほとんど変化することはありませんでした^^。

 作業上の注意事項としては、Todayプラグイン系のような初期ロードされるファイルの移動は止めておいた方が無難です。 あと、移動元が「Windowsフォルダからのみ」と限定するのならば良いのですが、色んなフォルダから持ってきたりすると後で元フォルダが分からなくなるので、「SKTracker」のようなアプリを使って作業前後のファイル、レジストリの変化状態をスナップしておいた方がイザという時に役立つかと思います〜。

Posted by tk109 at 2005年08月28日 16:32 | トラックバック
トラックバック: http://tk109.matrix.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1585
※弊サイトへのリンクを含まないページからのトラックバックは受け付けない場合があります。
コメント

「systempath save memory」でググると色々なアプリでの実績レポートが見つかりますよ〜
それからメモリカードと使用PPCの相性に依存しますが最悪の場合、常駐系ソフトをメモリカードに移動するとハングしますので気をつけてください。
あと、SystemPathの設定はレジストリエディタでも良いですが、拙作「SystemPath」使うと簡単に設定できますよ〜(宣伝

Posted by: ホーミン at 2005年08月29日 21:47

>ホーミンさん
 情報ありがとうございます。 ここは一つ安全な「SystemPath」の
方を使わせていただきまっす^^;

Posted by: tk109 at 2005年08月31日 15:59
コメントする
(※)








名前、アドレスをCookiesに登録しますか?




(※) 名前とメールアドレスは必ず入力してください。URL記入時には、リンク表示されます。
   コメント内容はスパム防止の為、管理者が内容を確認した後にページに反映されます。