TK-BLOG TK-Hatena [A] mixi
PDAサイト登録のお願い PDA系BLOGリンク集『Activation』

2005年01月23日(日曜日)

ATOK関連ファイルをダイエットする

[ PDA ]

 私のAxim X50v(英語版)だが、いい加減好き勝手にRAMにアプリやら何やらをインスコしていたら、ほとんど空きメモリが無くなってしまった〜T^T) このままでは、実行用のメモリ確保も困難な状況で、この前まで動いていたSNESのエミュレータなどの実行メモリを大きく使うアプリの起動が出来なくなったり、他のアプリが起動していたら+ネフロすら起動出来なかったりしてしまう状況… 使わないアプリをRAMから削除するのは当然として^^、可能な限り、規格上128MBもあるFLASH ROM(Built-in Storage)に移行していこうと思う。

 今回はとりあえず、英語版には必須の「ATOK for PocketPC」を見直してみた。 もっとも、日本語版のユーザーでも、変換効率の良いATOKを導入しているユーザーは多いと思う。 しかしながら、ATOKは正式にはWM2003SEに対応していないので、VGAデバイスではSIPが4分の1に小さく表示されてたりするので、ATOKのSIPも全て不要!残すのは、変換機能部のみというスタンスで作業を行ってみた。

 普通にATOKをインストールすると、各フォルダに以下のファイル群が展開されます。
 (先頭の[X]はRAM削除不可 [M]移動可能 [D]削除可能 なファイルを示します)

\WINDOWS
 [X] ATOKPW      DLL ATOK IMEライブラリ
 [X] ATOKIMM     DLL ATOK IMMライブラリ
 [X] ATOKPCE     DLL ATOK 日本語変換エンジンライブラリ
 [D] ATOKPSIP     DLL ATOK 入力パネル
 [M] ATOKPUT     EXE ATOK 辞書ユーティリティプログラム
 [D] ATOKPTE     EXE ATOK 定型文編集プログラム
 [X] ATOKP      CPL ATOK 設定
 [M] ATOKP      DIC ATOK システム辞書
 [M] ATOKPTKJ     DIC ATOK 単漢字辞書
 [M] ATOKPFI     DIC ATOK 顔文字辞書
 [M] ATOKPRE     DAT 推測変換プリセットデータ
 [D] ATOKPTMP     DAT 定型文データ
 [D] ATOK       HTM ATOK ヘルプファイル
 [D] ATOK_B_BS    BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_B_ENTER   BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_B_FORMEDIT BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_B_MENU   BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_B_PANEL   BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_B_PANEL2  BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_B_PANEL3  BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_B_PANEL4  BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_E_SUISOKU  BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_P_CODE   BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_P_FORM   BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_P_TEGAKI  BMP ATOK ヘルプビットマップファイル
 [D] ATOK_FL     TXT ATOK ファイル構成テキストファイル
 [X] JUSTSYSTEM ATOK UNLOAD ATOK アンロードファイル

\WINDOWS\APPMGR
 [X] JUSTSYSTEM ATOK DLL ATOK セットアップライブラリ
 [X] JUSTSYSTEM ATOK DAT ATOK セットアップデータ

\WINDOWS\HELP
 [X] ATOK       LNK ATOK ヘルプショートカットファイル

 ATOK導入後、サイズ的には4.3MBものファイルがRAM上に導入されてしまいます。 むーん、これは贅沢過ぎ…^^ですね。。 ATOKのSIPを使わないとなると、定型文用のデータも不要になります。 使い方を指南するヘルプファイルも不要になりますね…。 このようなカンジで不要なファイルは削除して、削除することの出来ないファイルは、可能な限りをRAM以外のストレージに待避させていきましょう

Posted by tk109 at 17:06 全文表示 | コメントする (6)